家の話

賃貸vs一戸建て どっちがいいの?

一戸建てがいいよ!庭があって,ゆったり暮らせて、ローンを返し終わったら資産になるんだからね。
いやいや、年々売値が下がる一戸建てなんて単なる負債だよ。暮らしのスタイルに合わせて変化させやすい賃貸の方がいいよ!

おやおや何だかもめている様子ですね。

幼い頃から何かにつけて主張が食い違う二郎くんと三郎くん。

今日は住まいのことで意見がぶつかったようです。

二人の主張に耳を傾けてみましょう。

目次

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

 

  • 現在、賃貸に暮らしていて一戸建てを考え始めた
  • 一戸建てを考えていたけど、人から「建てたら負け」と言われ悩んでいる
  • 一戸建てを建てた後で「賃貸の方が良い」という意見を聞いて迷い始めた
  • ずっと賃貸で暮らすつもりだが、老後借り続けられるか心配になってきた
  • 賃貸と一戸建ての比較サイトなどを見ていて、どちらが正しいのかわからない

 

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てのメリット

絶対、一戸建ての方がいい。

一戸建ての良いところをあげてみようか?

パッと思いつくだけでもこんなにメリットがあるんだ。

  • 自分の持ち物だから、好みのデザイン自由な間取りが可能になる。
  • 生活スタイルが変わった時にはリフォームなどで変更できる。
  • 賃貸にありがちな更新料や管理料、駐車場代などの余計な出費が無い
  • 賃貸は何年住んでも自分の物にならでメリットないけど、一戸建てはローンを返し終えたら自分の物になる
  • いざと言うときには売却することで、まとまったお金を手に入れられる
  • 老後、退職して所得が低くなっても住むところに困らない
何より素晴らしいのは、子どもや孫に土地や建物という資産を残してあげることができることだ。

衣食住は人間の生活に欠かせ無い物なのだから、住むところが確保されていること以上に安心なことは無いだろう?

一戸建てのデメリット

確かに兄さんの言うことには一理あると思う。

でも、こういうデメリットがあることを忘れたとは言わせないよ?

  • 日本では建物、特に木造一軒家の価値は基本的に下がる一方だから、自分の物にはなるけど「資産」とは言えない。
  • 年数が経つと建物は傷んでくるから、メンテナンスをしなければならない。
  • 土地の価格が高い地域だと、建物と合わせた取得単価が大きいため、重い住宅ローンを背負わないといけない。
  • 生活スタイルの変化に対応しづらい。例えば勤め先で転勤が命じられたりすると、住むことすらできない。
  • 子育てが終わって生活スタイルが変わり,広い家が必要なくなっても、そのまま住み続けないといけない。
  • 売却する際、時間に制限があると安く買い叩かれる可能性がある。
それに比べて賃貸はいいよ。

僕に言わせれば兄さんは既存の価値観に囚われすぎじゃないかな。

賃貸のメリット・デメリット

賃貸のメリット

賃貸で支払う家賃は確かに自分の元へ帰ってこない。

いわば掛け捨ての生命保険のような物だね。

でも、こんなに多くのメリットがあるよ。

  • 変化に対応しやすい。生活スタイルや家族数、勤務先の状況に応じて自由に変えられる。
  • メンテナンスは大家さんがやってくれるから、自分たちはそのコストなどを心配する必要がない。
  • 街中や駅の近くなど、利便性の良い場所を選びやすい
  • 住宅ローンという大きな額の借金を背負う必要がない
  • 勤め先の福利厚生で賃料を手当で補助してくれたり、社宅として安い賃料で貸してくれる。
  • ご近所との人間関係に悩む必要がない。お隣にいけ好かない人がいても,最悪引っ越せば良い。
  • 古くなってきたら住み替えて、ずっと新しい家に住むことができる
現代では「持たない」ことこそがステータスなんだよ。

自分の人生で持つ必要があれば持つし、持つ必要性がなければ持たない。

選択できる余地があることに価値を見出すべきだよ。

賃貸のデメリット

確かに賃貸に魅力が無いわけじゃないな。

確かに私の考えはステレオタイプと言われてもおかしくないだろう。

だが、人間の生活はそれほど大きく変化するものでもない、つまり普遍的な考えなんだ。

賃貸のデメリットはこのように色々ある。

  • 賃料は決して安くない特にファミリー向けの物件は高額になるので、住宅ローンの返済額の方が小さい場合すらある。
  • 壁紙が気に入らなかったり、収納が少ないなどの問題がある場合でもリフォームできない
  • メンテナンスは不要かもしれないが、共益費などの形で負担を強いられている。
  • 転居はしやすいが、その度に敷金や礼金、仲介料、クリーニング代などの費用がかかる。
  • 賃料は住宅ローン控除のような税制優遇を受けられない
  • 後は借りにくくなる可能性がある。
それに何より子どもや孫に資産を残すことができない!
(仲介料やクリーニング代は交渉すると負担しなくて良いこともあるんだけどね…)

まとめ

賃貸もメリットはあるけど、やっぱり一戸建てが一番だな。
いやいや、一戸建ての魅力はわかったけど、やっぱり賃貸だよ。
世の中には「一戸建ての借家」や「分譲マンション」もあるわよ?

 

世の中には「きのこの山vsたけのこの里」のように終わりの無い議論があります。

その住宅バージョンがが二郎くん、三郎くんの繰り広げている「賃貸vs一戸建て」論争です。

2匹はお互いのメリットとデメリットを挙げてくれましたが、これらはほんの一端です。

 

この記事を読んでくださったあなたはどちらの意見が正しいと思われましたか?

 

正解はそれぞれの心の中にあります。

なぜなら、理想の住まいとは、その人の生活スタイルによってそれぞれ変わるからです。

仮に次郎くんにとっては、一戸建てが理想だったとしても、価値観の違う三郎君にとっての理想であるとは限りません。

また、同じ人であっても年齢や年収、家庭や職場の状況などによって変化することも考えられます。

 

大切なのは自分にとってどちらが適しているのかを考えることです。

二人の言い争いにもありますように、衣食住は暮らしの基礎となる部分です。

もしあなたが変化よりも安定を、選択肢の多さより確実性を求めるなら一戸建ての方が適しています。

もしあなたが変化していくことを前提とし、より高い利便性や即応性を求めるなら賃貸が適しています。

どちらがより優れているか?ではなく、どちらがより自分に合っているかなのです

 

人間の生活に欠かせないものであるが故に、住まいは生活の幸福度と密接に関連します。

まずは自分や家族の置かれた現在の状況を見つめましょう。

それから数年先、十数年先の未来を、できるだけ具体的に想像してみましょう。

その想像上の自分がより豊かでより幸せに暮らしているビジョンを描きやすい方があなたに適した住まいのかたちです。

 

当ブログでは、住まいで悩んでおられえる方に寄り添えるように、

自分に適した住まいを選ぶことができるように、色々な情報を発信したいと考えています。

4匹のこぶたたちと、理想の住まい、理想の暮らし方を見つけましょう。

-家の話
-, ,

© 2021 工務店二代目の生存戦略 Powered by AFFINGER5